私たちの仕事
水耕栽培によって、障がいを持つ方々がやり甲斐を持って働ける環境を創りだし、「障害者自立支援法」に貢献する企業様のサポートを担うのが我々の仕事です。 作業所あかり
理念

水耕栽培は、ハンディキャップを持つ方々の重要な雇用創出の場です。


私たちは、障がいを持つ方々と共に水耕栽培を営みながら、農業、なかでも水耕栽培こそが、社会に役立ちながら自らの生活も維持できる障がい者にとって理想的な仕事であることに気付きました。
水耕栽培で栽培するほうれん草等は、屋内のため天候の流行病の影響を受けることがほとんどなく、安定的かつ計画的な生産ができます。所得水準も他の産業分野に決して劣りません。日本の食料自給率向上が重要課題とされている今、水耕栽培が将来の日本の生活基盤を支えるものと確信しております。
障がい者の就農促進のため、この水耕栽培を利用した就農システムを広め、就農機会の創出と継続就労のアシストをするのが私たちの活動です。
今後は、水耕栽培ジョブコーチの育成や、特別支援学校との連携による実習システムの構築も考えております。

水耕栽培 水耕栽培